友人との高級焼肉とワイン飲食店の夢

現在は中小企業に属し、管理職を務めながらワインの販売に従事している者です。
タイトル通り、将来、学生時代からの友人と共に飲食店を立ち上げ、起業しようと考えてます。彼は大阪の大手イベント会社で働いた後実家を継ぎました。
とはいえ、その友人が高級焼肉店の2代目であり、純粋なゼロからの起業という形ではありません。

私はソムリエとして長く酒類業界に関わっており、友人は酒類の知識が乏しく、二人の利害が一致した上での夢・目標です。

歴史はそれほど長くないものの、それなりのブランドがあるお店の2代目である友人のお店の名前は何らかの形で私たちのお店に関わり続けると思うので、現在の私はそれに恥じない様にあらゆる角度から勉強・自己投資をしております。

メインテーマは「肉とワイン」という、今やありふれたものにはなりますが、そこから何か私たちなりの独創性を見出していかねば、起業しても長くは生き残れないでしょう。

ワイン一つとっても市場は日々変化しております。
ワインに関してはソムリエである私の分野になるので、必死にワインそのものの勉強を続けるのは勿論の事、社会貢献できるような仕事をする為にはどうすればいいか?

考え続け、勉強していきます。