大学祭では企画当日以外の仕事をすべし

| 仙台でリハビリが受けられる病院|宇都宮でAGA相談できる病院|関東でイベント企画会社|

 

大学祭、それはやりたいことがある人にとっては嬉しいものでしょうけど、そうでない人にとってはかり出されることを全力で拒否しにいくイベントです。私はサークルに所属していたので逃げるわけにはいかず、結局当日に数時間、たこ焼きを焼き続けるという無償バイトみたいなことをしました。

この経験をしてから思った私のようなタイプの人間へのアドバイスは、当日に来たくないならそれまでの下準備の企画担当に手をあげるべきだ、ということです。例えば、どのサークルかわかるように共通のTシャツを作るという係は、当日には出番はありません。兼ねをしなければならないなら話は別ですが、一つやってくれたのだからという周りの遠慮を獲得できます。
共通Tシャツは、ただ歩いているだけでも、自分たちのサークルのイベント企画の宣伝になるので、作るところが多いですし、作ろうと言って拒否するところも少ないと思います。

たこ焼きを焼く係以外の時には友達と自由に文化祭を見て回れるのですが、基本的に歩き食いに来たみたいな感覚で、個人的には大学レベルでもこんな感じなのかと少しがっかりしました。所詮プロが作るものではないので、私が頼んだアイスはどろどろに溶けたもので、これは文句を言っても良かったのではないかと後になって思いました。混んでいたので商品を受けとるだけで精一杯。

食べ物以外ではバンドがありますが、楽器がうるさくてボーカルの声が聞こえないというあるある、更にチアは男子生徒のゲスい声援があるのでこれもイマイチでした。

つまり、私としては大学際は一度どんなものか行っても良いけれど、それであまり楽しくないなと思ったら企画当日までにできる準備を担当し、当日は1週間くらい丸々休んで旅行でもした方が充実しているというのが個人的意見です。委員会本部へ場所取りの連絡をしにいくという係でも良いですし、それでサークル内で協力した感を出せれば当日にはあまりかり出されないはずです。

<PR>

英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|オーディオ|生命保険の選び方|貯蓄|クレジットカードの即日発行じゃけん|心の童話|アフィリエイト相互リンク|初値予想|マッサージのリアル口コミ.com|女性の人生|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|家計見直しクラブ|お小遣いNET|